海外FXとの付き合い方


長期投資は長い目で

 FX攻略のツール長期の資産運用なら、また専門的な知識や経験がなくても投資を始めたいなら、安定型のグローバルバランス型ファンドがお勧めと言われています。しかし、いくら安定型と言われていても、完全にリスク0という投資はありません。近年記憶に新しい2008年のリーマンショック時には赤字となってしまったこともあり、運用成績には常に一定しているわけでもないのです。

それでも大事なのは運用成績が芳しくない年でも、あまり気にせず落ち込まないことです。この手の投資を行うには、ある程度折り合いをつけながら続けていくことが大切なのです。世界の経済というのは悪くなることもありますが、それが未来永劫延々と続くわけではありません。いずれは良くなる兆しが見えるので、ほんの一時資産が失われたとしても、焦らずどっしりと構える姿勢で臨みましょう。

また、運用成績が悪かったからといってすぐに手放すことは避けるべきです。保有している期間が長いほど運用成績の良い年が巡ってきます。その時が悪い年の損失をカバー、もしくはそれを上回ることだってあるからです。グローバルバランス型ファンドは、じっくりと腰を据え長く展望を見つめていくことが重要です。10年以上は見据える投資であるということを忘れないで下さい。

時間に追われる現代社会では、どうしても長期的な視点よりも短期的にそしていかに効率良く利益を得るか、が問われてしまいます。これはビジネスにおいても普段の生活においてもそう言えるかもしれません。

しかし投資で言えば、変化の激しい社会の中で最終的に勝利する位置に上るためには、落ち着いた余裕あるメンタルと、長い目で見られる視野の広さが必要なのです。とにかく短時間で効率良く、とそればかり考えていると安定的な資産運用は望めません。

小さくても目先に利益があればそれに飛びつくのではなく、それよりも遠くにある大きな利益を目指して投資していく姿勢が大事です。

グローバルバランス型ファンドであれば、運用は専門の知識を持つプロにお任せすることができます。相場がどう変わろうとも、10年、20年と長い期間をかけて運用し続けていけます。とにかくじっくりと時間をかける、これがグローバルバランス型ファンドを続けていくコツなのです。そして長く続けていった先に、結果が実を結ぶことで大きな満足につながるはずです。